わかりやすい治療説明

どこをどうして、どうなるのか、明確にご説明します

インフォームドコンセント

よく「歯医者にいってすぐ削られた」「なにをしてもらっているのか全然わからない」「何もいってないのに、詰め物を入れられた」など、患者側と歯科医師側のコミュニケーションが取れていないというお話を耳にします。こういった体験をされた方は歯科から足が遠のいてしまうと思いますが、そんな方にこそご来院いただきたいのが当院です。

治療前後のお口の写真をお見せします

治療説明

まず、治療前に治療対象の歯の写真を取り、患者様に見ていただきながら、症状と、治療法をご説明します。それに納得いただいてから治療をスタートし、治療後に再度同じ箇所の写真を取り、どのように治療が行なわれたのかをご確認いただきます。どこが、どのようにどう変わったのか、一目瞭然です。

  • 口腔内CCDカメラ

    口腔内CCDカメラ先端に小型CCDカメラとライトが取り付けられており、暗く小さな歯の写真もキレイに撮影できます。下の歯であれば鏡越しでも患部は確認できますが、上の歯や奥歯、また極小の患部はこのカメラで拡大撮影したほうが格段に見やすいです。

  • タブレットモニター

    タブレットモニターカメラの画像がこのタブレットに転送され、大きな画面で患部を確認することができます。例えば、治療前は虫歯の黒くなっている部分の写真をとり、治療後では、キレイになくって詰め物が入っている写真を撮影してお見せしたりしています。

インフォームドコンセントに大切にしたカウンセリング

インフォームドコンセント

インフォームドコンセントとは「説明と同意」という意味の医療用語で、患者側と医師側のコミュニケーションを綿密に行い、患者の治療理解度を深め、それに納得したうえで治療を行うことが大事であるという考えを表します。当院ではこのインフォームドコンセントの考えを基に、患者側と歯科医師側の考えの乖離がないカウンセリングを意識しております。

恵比寿で説明をしっかりする歯医者をご希望の方へ

説明をしっかりする歯医者

恵比寿で歯医者を探しているけれど、ちゃんと説明してくれる歯科医院じゃないとイヤだ!という方はぜひ五十嵐歯科医院にご相談ください。当院では治療前後の写真撮影以外にも様々なカウンセリング資料の使用や、時には紙に書いてご説明をさせていただくことでできるかぎりわかりやすい治療説明およびカウンセリングをさせていただきます。