抜く・削るを最小限に

当院がこだわる、できるだけ「抜かない・削らない」保存治療

保存治療

保存治療とは、可能な限り歯を削ったり抜いたりしない治療のことです。虫歯になった部分を削ったり抜いたりすることは、治療としては簡単なことですが、将来的に患者さまが選択できる治療の幅を狭めることになるので注意が必要です。当院では、できるだけ歯を残すことをめざした治療を意識しています。

どの症例においても全く抜かない、全く削らない治療は現在の医学では不可能ですが、できるかぎりの努力は致します。どうぞお気軽にご相談ください。

削らない治療を実現するための3つの取り組み

削らない治療

虫歯菌によって溶かされてしまった部分を削ることなく治療する。これが理想ですが、現在の医学でもまだ完全に実現することはできません。しかし、可能な限り削らないで治すことは可能です。そのために当院が行っている3つの取り組みをここでご紹介します。

取り組み1 拡大鏡を使った精密治療

拡大鏡を使った精密治療マイクロスコープとも呼ばれる拡大鏡は、治療中の部分を大きく拡大して見ることのできる装置です。(写真参照)

歯はとても小さく、しかも暗いので、肉眼だけでは歯を削りすぎてしまう可能性があります。

拡大鏡を使うことで、健康な部分を悪い部分の境目を見分けやすくなるので、削りすぎを防ぐことができます。

取り組み2 予防歯科のすすめ

予防歯科

虫歯にならない歯を削ったり抜いたりする必要はありません。

そこで当院では、歯のクリーニングや歯周病という、歯を悪くしない予防歯科をすべての患者さまにすすめています。

抜かない歯科治療で歯をできるだけ残す

抜かない歯科治療

虫歯菌によって溶かされてしまった部分を削ることなく治療する。これが理想ですが、現在の医学でもまだ完全に実現することはできません。しかし、可能な限り削らないで治すことは可能です。そのために当院が行っている3つの取り組みをここでご紹介します。

取り組み1:拡大鏡使用の精密根管治療

拡大鏡を使った精密治療虫歯菌が歯の表面を溶かしてしまうと、やがて歯の内側にある神経を侵してしまいます。

こうなると、神経を取り除き、内部を掃除するという根管治療が必要になります。しかし、根管治療はとても大変な治療です。(くわしくは根管治療ページをご覧ください)

とても時間がかかる治療ですが、当院ではていねいな治療を心がけています。決してすぐに抜歯をすすめることはいたしません。

取り組み2:こだわりの歯周病治療

こだわりの歯周病治療子どもの場合、虫歯によって歯が失われることが多いのですが、大人の場合は歯周病によって歯を失う人が多くなります。

中程度までなら抜歯せずとも治療が可能ですが、重度になると治療が難しくなるので、一般的な歯科医院では抜歯をすすめられる可能性があります。

当院では、歯周外科治療や歯周再生治療などの高度な歯周病治療が可能です。他院様で抜歯をすすめられるケースでも、抜歯を回避できる場合があります。(くわしくは歯周病のページをご覧ください)

取り組み3:予防歯科へのこだわり

予防歯科

虫歯や歯周病を進行させなければ、基本的には抜歯に至ることはほとんどありません。

予防歯科に対する意識の高い欧米では、80歳になっても20本歯が残っている人が珍しくないようです。

当院では、歯のクリーニングや歯周病予防を徹底した予防歯科をすべての患者さまにすすめています。

恵比寿で抜かない・削らない歯医者をお探しの方へ

抜かない・削らない歯医者

「歯医者に行きたいけど、抜かれるのが怖い」「歯科医院に行くといつも歯をたくさん削られるからイヤだ」「でも、このまま放っておくと大変なことになっちゃうからなぁ・・・」こんな思いをされた方で恵比寿で歯医者は探しているけれど、なかなか一歩を踏み出せないという方は、ぜひ一度五十嵐歯科医院へご相談ください。きっと、「もっと早くくればよかった!」と感じていただけると思います。スタッフ一同お待ちしております。