虫歯・根管(神経)治療

五十嵐歯科式の虫歯治療は「痛くしない」を大切にしています

虫歯

虫歯の治療で嫌なことは何かと聞かれると、多くの人は「痛み」を挙げられます。虫歯になった部分を削らなければならないので、どうしても虫歯治療=痛いというイメージが強いようです。特に子ども時代に痛い治療を受けたことのある人は、大人になっても歯科医院での治療をためらう傾向があるようです。しかし、最近の歯科治療は以前に比べると驚くほど痛みが少なくなっています。当院では、次の段階を踏むことで、患者さまが感じる痛みをやわらげることを心がけています。

  • ①表面麻酔で注射による痛みを緩和

    表面麻酔麻酔後は痛みを感じることはありませんが、麻酔注射を打つときに痛みが出てしまいます。そこで、塗るタイプの麻酔によって表面の感覚を鈍らせておくと、注射による痛みが感じにくくなります。

  • ②麻酔液は人肌に温める

    麻酔液は人肌に温める麻酔注射の痛みは針を刺すときだけではありません。麻酔液という異物が体内に入ることで痛みが出るのです。これを抑えるために、当院では麻酔液を人肌くらいに温めてから注射します。

  • ③注射針は最も細いものを使用

    極細注射器麻酔注射に使う針が細ければ細いほど、痛みも抑えられることは想像に難しくないことです。当院で使用しているのは、歯科用注射針として市販されているものの中で最も細い「33G」です。

  • ④ゆっくりとしたスピードでの注射

    電動麻酔器麻酔注射をするときに、一定の注入ペースを保つことができる電動麻酔器を使用しています。また、数カ所に注射する場合は、一番痛みの感じにくい部分から注射していきます。

五十嵐歯科医院は「できるだけ削らない」ことを選択します

削らない

以前から一般的に行われていた虫歯治療とは、虫歯菌に侵された部分を削り、詰め物や被せ物をするという方法です。虫歯菌が少しでも残っていると、見えないところで虫歯が再び広がるおそれがあるので、少しくらい多めに削ることも普通でした。そして、削る部分がなくなると抜歯するしかありませんでした。

ミニマルインターベンションってなに?

虫歯菌を残してしまうのは当然良くない治療ですが、削り過ぎると歯の寿命が短くなってしまうので、削り過ぎも良くありません。それで、近年の歯科治療では、歯をできるだけ削らずに治すという考え方が一般的になっています。これが、MI(ミニマルインターベンション)と呼ばれる考え方です。当院でも、MIの考え方に基づいて、次のような取り組みを行っています。

sample

  • 拡大鏡を使った治療

    拡大鏡拡大鏡とは、患部を肉眼の数倍に拡大して見ることのできる道具です。虫歯部分を詳細に把握することができるので、虫歯に侵された部分はしっかりと削り、健康な部分をできるだけ削らない治療が可能になります。当院では、拡大鏡を積極的に利用しています。

  • レジン素材を積極的に活用

    レジン充填虫歯の治療で削ってしまった部分は詰め物や被せ物で治すのが一般的でした。詰め物や被せ物を使う場合、健康な歯を少なからず削って調整する必要がありますが、レジンならその必要が無いからです。レジンはMI治療に欠かせない素材になっています。

根管治療(根っこの治療・神経の治療) 

根管治療(根っこの治療・神経の治療) 

エナメル質という固い部分でおおわれている歯の内側には、根管と呼ばれる神経や血管が通っている場所があります。虫歯菌がエナメル質を溶かしてしまうと、やがて根管にまで達します。そのまま放っておくと、歯を抜かなくてはならなくなります。それを防ぐ方法が根管治療で、根っこの治療とも呼ばれる方法です。

根管治療に大切なのは「精密さ」

根管治療(根っこの治療・神経の治療) 根管治療に大切なのは「精密さ」根管の内側は細くて曲がっているので肉眼では良く見えません。しかも奥歯になればなるほど暗くて見えにくくなり、治療が困難になります。

当院では、治療の精度を高めるために拡大鏡を使用しています。肉眼の数倍に拡大して見ることができるので、根管内部の細菌を残さずきれいにするのに役立ちます。

細菌が残ってしまうことが根管治療の再治療を招くので、当院では拡大鏡を使用することでそれを防いでいます。

恵比寿で虫歯・歯の神経治療をご検討の方は当院にご相談ください

恵比寿で虫歯・歯の神経治療

虫歯の痛みがひどい場合は根管治療が必要かもしれません。神経を抜かなければならないとしても、精密な治療によって歯の寿命をできるだけ伸ばすことが可能です。自分の歯を長く使い続けるために、恵比寿で虫歯治療・歯の神経治療(根管治療)をご検討の方は、当院の精密治療をお選びください。