インプラント

五十嵐歯科医院の「安全」で「安心」できるインプラント治療

インプラント

以前のインプラント治療は、治療する医師の経験やカンに頼らなければならない部分がありました。それがインプラント治療の成功率を低めてしまう原因になっていました。しかし現在のインプラント治療の技術や使用する機器は進歩しています。

当院でも、インプラント治療に用いる最新のコンピューターシステムを導入しています。あごの骨に穴を空けるという外科治療が必要なインプラントは、安全かつ安心できるものでなければなりません。最新のシステムによって得られる詳細な情報に基づいて、理想的な治療を行います。

CTを使った精密な診断

インプラントCT

CT装置を使用すると、口の中の情報を3次元で得ることができ、骨の質や厚み、神経の位置というレントゲンでは得ることのできない情報がわかります。

安全かつ安心できるインプラント治療を行うためには、少しでも多くの正確な情報を集めることが不可欠です。あごの骨の周りには血管や神経が多く通っているので、歯ぐきの周辺を立体的に把握することによって治療の成功率を高めることができます。尚、CT装置を使うことによりその他の治療にも絶大な効果を発揮致します。

CTを使ったインプラント治療の安全性

CT使用の結果、インプラントをどのように埋め込むと良いか特定しやすくなり、神経や血管などの大切な部分を傷つけることによって生じる事故を防ぐことができます。

インプラント治療と一言で言っても、使用するインプラントの太さや本数、種類もさまざまです。事前に正確な情報を得ておくと、患者さまに適した種類を選び、的確な場所と角度で挿入することができるので安全な手術を行うことができます。

sインプラント

必要不可欠な「リスク説明」

インプラントのリスク

インプラントはあごの骨に穴を空けて人工の歯を埋め込む治療です。この治療を行うときに重要なのが、あごの骨の状態。骨が悪くなってしまうと、インプラントを正しく埋め込んでも取れてしまいます。骨を健康な状態に保つためには、歯周病に関する知識や予防意識を高めなければなりません。歯の健康管理ができていないと、短期間のうちに歯周病によってインプラントが外れてしまうおそれがあります。

インプラント治療は、インプラントを埋め込んだらそこで終了というわけではありません。長い間使い続けるためには、どんなメンテナンスを行うべきか、また行わなかったらどうなるのかを理解していただく必要があります。

納得の上で行う治療とセカンドオピニオン

入れ歯やブリッジのような治療に比べると、インプラントは天然の歯に近い使い心地を実現できます。しかし、あごの骨を削るという負担のかかる治療でもあるので、患者さまには治療に関することを十分に納得していただかなければなりません。

当院では、インプラントの手術に関することやその後のケアに関するリスク説明を最初に行います。また、他院様で治療される方のセカンドオピニオンも行っていますので、お気軽にご相談ください。

インプラント治療

インプラント治療後のアフターフォロー

インプラントメンテナンス

インプラント治療は、あごの骨に人工歯根(インプラント)を埋め込みます。この部分は、インプラント周囲炎という歯周病に似た病気によって簡単に溶けてしまうのです。症状が悪化すると、インプラントを取り外す必要があり、同じ部分にもう一度インプラントを入れることも難しくなります。

インプラント

大人が歯を失う最も多い原因は歯周病です。日本人では実に多くの人がかかっている病気ですが、自覚症状が少ないため、気付いていない人も少なくありません。五十嵐歯科医院では、患者さまに歯周病のおそろしさを知っていただき、自ら歯を守れるようにサポートしています。(歯周病治療についてはこちらから

恵比寿でインプラント治療をご検討の方へ、無料相談実施中!

恵比寿でインプラント治療

五十嵐歯科医院では、インプラントを含め、歯を失った場合に選択できる治療に関して無料相談を受け付けています。インプラントは外科手術を必要とする大掛かりな治療になるので、不安の無い状態で治療を受けていただくことが大切です。恵比寿でインプラント治療をご検討の方はぜひお気軽にご相談ください。