歯周病

歯周病治療における当院の3つの取り組み

歯周病

五十嵐歯科医院では、歯周病治療に力を入れています。というのも、大人が歯を失う原因として、虫歯よりも多いのが歯周病だからです。歯周病は初期段階では自覚症状が少ない病気なので、歯ぐきが腫れていたり、血が出ていたりする場合は、歯周病が進行しているので気を付けてください。

歯科治療の目的は、歯をできるだけ健康な状態に保ち、長く使い続けることです。そう考えると、歯を失う歯周病を治療することは、歯科治療の中でも特に力を入れるべき分野だといえます。当院では、歯周病の予防・治療に関して次のような取り組みをしています。

その1:精密検査で歯の状態を知る

歯周病検査歯周病は、初期段階では自覚症状がほとんどないのが恐ろしいところです。歯ぐきから血がでたり、腫れが見られたりする場合、歯周病がかなり進行しているおそれがあります。

当院では、歯周病の進行具合を知るために、歯と歯ぐきの間にできる歯周ポケットの深さを測る検査を最初に行います。さまざまな症状を診ながら総合的に判断し、適切な治療計画を立てます。歯周病は基本的に、歯石の徹底的な除去と、歯ぐきの腫れを引き締める治療で治していきます。

その2:状況に合わせてスケーラーを使い分ける

スケーリング歯に付着している汚れである歯石は、その名の通り石のように固い汚れなので歯ブラシではきれいに取り除くことができません。

当院ではスケーラーという専用の道具で除去していきますが、主に「超音波スケーラー」と「ハンドスケーラー」の2種類を使います。

2種類のスケーラーをうまく使い分けることで、効率よく歯石を取り除いていくことができます。

その3:歯周病に対する患者さまの理解を高める説明

歯周病カウンセリング歯が痛くなったりグラグラと揺れていたりする場合、早く治療しないといけないということは誰もが理解できることです。しかし、歯周病は初期段階での自覚症状がほとんどないので治療の必要性を感じないという人も少なくありません。

そこで当院では、歯周病になってしまう原因を始め、放置しているとどうなるかまで詳しく説明するようにしています。患者さまに十分納得していただいた後、治療を開始します。

なんと日本人の80%が歯周病になっている!?

歯周病羅患率

日本において、成人が歯周病になっている割合はとても高いとされています。症状の軽いものを含めると、大人の80%は歯周病になっているという研究結果も報告されているくらいです。しかし、これだけ多くの人がかかっているにもかかわらず、予防や対策に関する知識は遅れています。歯ぐきが腫れていたり、血が出たりしてからようやく歯科医院で診てもらう人は少なくありません。

しかし、そのころにはある程度歯周病が進行しているので、治療期間も長くなってしまいます。もし、口臭が気になる場合は、一度歯周病を疑ってみると良いかもしれません。さらに、歯周病のリスクを高める習慣として喫煙が挙げられています。たばこを吸う習慣がある人は、歯周病になりやすいという認識を持っていただければ幸いです。

歯周病は、妊娠、心疾患、脳卒中などの全身疾患に影響

妊娠と歯周病

歯周病は、歯を失うだけでもこわい病気ですが、全身の病気とも関連性があるということが、研究によって明らかになっています。例えば、歯周病菌が血管に侵入すると、全身に菌が移動できるようになります。そうなると、心臓では心筋梗塞や動脈硬化のリスクが高まり、脳では脳卒中を引き起こす可能性があります。

また、妊婦さんの場合、早産や低体重児出産というリスクを高めてしまうのです。歯だけの問題に終わらないのが歯周病なので、できるだけ早く発見して治療することが必要です。

歯周病の治療方法

歯周病の治療方法

歯周病の原因は、歯に付着した汚れである歯石にひそんでいる細菌です。しかし、一度の治療ですべての歯石を取り除くことはできません。また、かなり進行している場合はさらに複雑な治療により、期間も長くなる可能性があります。当院では、治療を行うにあたり、歯周ポケットの深さ、腫れや出血の状況などを検査し、必要に応じた治療計画を立てていきます。

歯周病が軽度の場合:歯のクリーニング

歯のクリーニング歯周病菌がそれほど進行しておらず、歯ぐきの深い部分にまで達していない場合、歯のクリーニングによって治療していきます。

歯石を徹底的に取り除くためには、数回の通院が必要です。一度歯石を取った部分は、歯肉の腫れが引き締まってくるので、腫れによって見えなかった歯石も見えるようになります。そこを次の治療で除去すると、一層歯ぐきが引き締まります。その繰り返しによって徹底的な歯石除去を行っていきます。

歯周病が中度の場合:ルートプレーニング

ルートプレーニング特殊な道具によって歯周ポケットの深い部分に進行した汚れや歯石を取り除いていきます。

歯周病菌が歯ぐきの深い部分にまで進行していると、歯ぐきが腫れていたり、出血していたりしますが、歯科衛生士が行うルートプレーニングによって、症状は改善されます。

歯周病が重度の場合:歯周外科

歯周外科

歯ぐきの腫れや出血を放置していると、歯周病菌はかなり深くにまで進行します。こうなるとルートプレーニングでも歯石や汚れを取り除くことができません。さらに進行すると歯を支えている骨が溶け、歯が抜けてしまいます。

ここまで進んだ重度の歯周病では、治療時に痛みが伴うので麻酔が必要です。場合によっては歯ぐきの一部を切開してから歯石除去を行う外科治療が必要です。治療期間も長くなるので、歯周病をここまで進行してしまうまで放置しないことをおすすめします。

恵比寿で歯周病治療をご検討の方へ

恵比寿で歯周病治療

五十嵐歯科医院では、大人が歯を失う大きな原因である歯周病に対してこだわりをもった治療を行っています。恵比寿で歯周病治療を検討しておられる方は、ぜひ当院にご相談ください。