痛くない親知らず抜歯

親知らずは決して「いらない歯」ではありません

親知らず

永久歯の中でもひと際遅く生えてくる親知らずは、悪さをするのですぐに抜いたほうが良いと、以前の歯科治療では考えられていました。しかし、現代の歯科治療の考え方としては、可能であれば残すことがすすめられています。もし、親知らずをすぐにでも抜いてしまいたいと考えておられるのであれば、待ってください。ここで親知らずに関する五十嵐歯科医院の考え方をご説明します。

親知らずは移植できる場合がある(移植、再生療法)

親知らずの移植「親知らず=抜く」という考え方が間違いであるということはご理解いただけたかと思います。むしろ、親知らずが正常に生えている場合、基本的には抜く必要はありません。

残しておくと、他の歯を抜歯しなければならなくなったときに、親知らずを移植できる場 合があります。もちろん、歯の形や条件によっては移植ができないこともあります。しかし、問題が生じていない親知らずを急いで抜かなくても大丈夫です。

親知らずを抜いたほうが良い場合

親知らずの抜歯

親知らずは他の部分に移植できるものの、現段階で他の歯に悪さをしているのであれば抜いたほうが良いでしょう。例えば、次のケースでは、親知らずを放置することで他の歯がゆがんだり、虫歯になったりするおそれがあります。

  • 親知らずが歯ぐきから出ておらず、内部で膿がでて痛んでいる
  • 歯ぐきから出ているが、形が悪くて歯を磨きにくい
  • 隣の歯を押しており、歯並びを悪くしている
  • 生え方が悪くて噛み合わせをおかしくしている

親知らずの抜歯は、痛いわけではない

親知らずの抜歯

健康な親知らずを抜くとなると、どれだけ痛いのだろうと不安を感じられる人も多いのではありませんか。基本的に、どんな歯を抜くときでも麻酔注射を打つので、抜歯中に強い痛みを感じることはほとんどありません。正常に生えている場合は抜歯方法も他の歯と変わりませんし、難しい症例の場合でも全身麻酔を使った方法も可能です。患者さまの不安を軽減する方法が選択できるのでご安心ください。

時間がかかるほど抜歯後の痛みが長引く

抜歯時間と痛みの比例親知らずを抜歯するときは麻酔によって痛みを感じませんが、麻酔が切れた後は痛みがでてきます。この痛みに対しては痛み止めを処方しますし、数日で腫れや痛みは緩和します。

実は、痛みがどれだけ早く治まるかということと、抜歯にかかった時間は比例しており、早く抜歯できればできるほど腫れや痛みの回復も早くなります。

当院では、患者さまの負担をできるだけやわらげるために、親知らずの抜歯経験の豊かな歯科医師が抜歯を担当します。

ドライソケットによる歯の痛み

ドライソケット親知らずが生えていた部分には大きな穴がぽっかりと開いています。ここに血がたまることで、患部に直接空気が触れないように保護され、痛みも治まります。

しかし、中には血がたまらずに患部が露出してしまうというケースがあり、ドライソケットと呼ばれています。

この状態になると、食べかすや雑菌が穴に入り込んで炎症を起こし、強い痛みが出るおそれがあります。早めに受診して適切な処置を受けるようにしてください。

親知らずを抜くことで顔が小さくなる!?

親知らずと小顔

親知らずは、あごの一番外側にあります。ですから、親知らずを抜けば顔が小さくなるのではと期待する人もいるようです。とはいえ、思ったほどの成果を得ることができない可能性があります。しかも、症例によっては抜歯してしばらくの間は顔が腫れることもあります。

親知らずを抜くことによって小顔にするという方法は、歯科医師による見解にもかなり差があります。もし、どうしても小顔にしたいという悩みを持っているのであれば、小顔矯正を扱っている歯科医院にて詳しい話を聞いてみるのも良いでしょう。

恵比寿で親知らずの抜歯、痛みの相談なら五十嵐歯科医院!

恵比寿で親知らずの抜歯

親知らずは必ずしも抜いたほうが良いわけではありません。肉眼ではどのように生えているのかわかりにくい部分なので、恵比寿で専門的な診断を受けることをおすすめします。