歯科医師の仕事を通じて患者様を幸せにしたい! BY宮島悠旗

歯科医師を目指すきっかけ

両親はともに歯科医師で、開業したクリニックと実家は併設されていましたので、幼少期から自然な日常生活のように、歯医者さんとして仕事する両親の姿、患者様と楽しげに会話をする姿、患者様が笑顔で帰る姿を見ながら育ちました。

歯科医師は人を幸せにできる素晴らしい仕事

子どもながらに、“歯科医師というのは人を幸せにできる素晴らしい仕事なんだ” と感じていました。そしていつしか、そのように仕事をする両親を誇りに思うようになっていきました。自分も両親のように「歯科医師の仕事を通じて患者様を幸せにしたい」。それは今でも変わらない思いです。

一人でも多くの患者様の笑顔が見たい

私が歯科医師を志すようになったのは必然のことでした。大学では歯学部に入り、その後、東京歯科大学千葉病院臨床研修医として様々な歯科治療を学びました。自分の進路を具体的に考えるようになっていったのも、その頃です。そして選んだ道は、矯正歯科の分野。一人でも多くの患者様の笑顔が見たい、幸せにしたいと思った時に、一番やりがいを感じられると思ったからです。

矯正は歯並びがきれいになるだけではない!

矯正歯科というのは目に見えて外見が変わるものです。矯正を行うことで性格が明るくなったり、社交的になったり、ファッションが変わったり、単純に歯並びがきれいになっていくだけでなく、内面までもが変わっていくことだってある。歯並びでコンプレックスを持っていた患者様が矯正治療を受け、矯正後に手鏡を見た瞬間の笑顔は、私にとってこの上ない喜びです。

悩んでいる方、不安な方、まずは無料相談を受けてみませんか?

歯並びがコンプレックスで悩んでいる方、矯正治療をしたいと考えているけど不安な方、まずは無料相談を受けてみませんか?

日本矯正歯科学会認定医・宮島悠旗が疑問に分かりやすくお答え致します。

関連記事

  1. 新規登録106に登録致しました。

  2. 歯医者って痛いイメージがあるけど?痛くないですか?

  3. 親知らずの抜歯が必要な症状と抜歯の流れ

  4. ニッポン全国、店舗や企業の情報サイト【Exaエグザ-】-に登…

  5. 『恵比寿人気歯科医院』として渋谷区ドクターズから取材を受けま…

  6. 歯医者には定期的にいった方がいいのでしょうか?

PAGE TOP