親知らずが歯茎に埋まっている(水平埋伏歯)

親知らずの抜歯の症例を見ていきます。(水平埋伏歯)

まず、「水平埋伏歯」って何?と思っている方にご説明していこうと思います。

親知らずが歯茎や骨に水平方向に埋まっている歯のことです。

今回は「水平埋伏歯」の中でも根の先が細く曲がっている症例の抜歯を見ていきます。

レントゲンを見て見ましょう。


右下の「水平埋伏歯」の症例です。

写真で見ると見事に水平に倒れていますね。

また、根っこの先に2本の線(青線)があります。

これは神経と血管が入っている管です。

写真で見ると接しているように見えます。麻痺を起こさないためにもより丁寧に抜く必要があります。


この状態のままだと「水平埋伏歯」は手前の歯にひっかかっており出てこれないので、歯を分割して抜いていきます。

イメージとしてはこのような感じです(赤線)。

その後、歯冠と呼ばれる頭の部分を取り出し、その後、歯根という根っこの部分を抜いていきます。

しかし、この症例の場合は根っこが更に曲がっていて(CT撮影)頭が抜けたからと言って直ぐには出てこれません。

慎重に行っても細く曲がっているので先端が折れてしまうこともしばしばあります。ですが、取り残すことなく全て抜きます。

このケースでは前回のブログ同様に痛みや腫れはほとんど出ませんでした。

また、麻痺等の不快症状も出ませんでした。
(しかし、一般的には埋伏歯の抜歯後は痛みや腫れが強く出てきます。)

抜歯は術前の診断、治療計画、処置により余計な侵襲がなく、抜歯できます。

抜歯で歯医者をお探しの方、ぜひ一度当院にいらしてください。

スタッフ一同お待ちしています。

関連記事

  1. 上顎の親知らずの埋伏歯抜歯の症例

  2. 歯科治療の医療費控除について

  3. 粘液嚢胞の症例を図と写真を用いて解説します。

  4. 患者様が求めている歯科治療を考え続けて

  5. インプラントについて

  6. 埋伏歯(まいふくし)の抜歯方法をレントゲンを使って簡単に解説…

PAGE TOP